Velvety

大切な人へ贈るバースデーフラワー|Velvety -ヴェルヴェティ-

カテゴリ一覧

Facebook
 

コンテンツ

HOME»  ドライフラワーとプリザーブドフラワーの特徴

ドライフラワーとプリザーブドフラワーの特徴

こちらではドライフラワーとプリザーブドフラワーの特徴をご紹介いたします。

 

作り方

母の日にプレゼントされたカーネーションを長く楽しむために、ドライフラワーにしたことがあるという方は多いのではないでしょうか。乾燥剤を使って作る方法もありますが、自然乾燥でも作ることが可能ですのでとてもシンプルな作り方です。

プリザーブドフラワーは花の水分と色を抜き、着色液に浸けて乾燥させる作り方です。着色液に浸けることで生花のような瑞々しさを保っています。最近では、プリザーブドフラワーを利用したフラワーアレンジメントが注目されています。

 

花の色合い

ドライフラワーは花本来の色をしていますが、時間が経つにつれ乾燥が進み、色が褪せてくる変化が起こります。時間をかけて変化するので、花を花瓶にいけるよりも長い間楽しむことができます。

プリザーブドフラワーは色を一度抜いてから着色しているので、様々な色合いを楽しむことができます。本来の花の色にはないような色にすることができるので、幅広いフラワーアレンジメントが可能になります。

 

手ざわり

ドライフラワーは乾燥した状態なのでカサカサした手ざわりで、強く握ってしまうと花が粉々になってしまいます。

プリザーブドフラワーは水分があるので、本物の花に近い触り心地です。生花を扱うように触れば問題ありません。

 

ドライフラワーとプリザーブドフラワーの特徴をご紹介いたしましたが、ふたつの長所はほとんど手間がかからないという点です。
ぜひプレゼントやお部屋のインテリアで活用してみてください。

当店ではギフトに最適な花束やプリザーブドフラワー、フラワーアレンジメントなどおすすめの商品を通販にて数多く取り扱っております。美しく綺麗なフラワーアレンジメントを探しているという方は、ぜひご利用ください。